Fall Style Advice Loading

大量に溜まった写真はどうやって保存するのがベスト?

解像度の高いデータが多ければ外付けハードディスク

スマホやデジカメなどで、カジュアルに写真撮影が楽しめる時代になりました。初心者でも簡単操作で恋人やペットの写真を綺麗に撮影出来ます。技術の進歩は一般消費者に豊かさを与えてくれますが、その反面、困った問題が生まれました。毎日スマホやデジカメで写真撮影をすると、知らず知らずのうちに大量のデータが本体に溜まります。保存領域が満タンになると、写真や動画が撮影出来ません。ある程度、溜まった物はデジカメやスマホ本体から移動しなければなりません。どのように高品質な画像を保存するか、これは重要な観点です。

高解像度の大サイズの写真データが多ければ、外付けハードディスクを購入し、そちらにデータを移動させるのがおススメです。外付けハードディスクは最も費用対効果の良い外部メディアです。500GBから1TB、2TBといった圧倒的な保存領域を誇ります。それでいて個人のお小遣いで難なく買える、リーズナブルな価格帯です。家電量販店やネット通販サイトで市販されており、その気になればいつでも気兼ねなく自宅に導入できるでしょう。

万が一のリスクを想定するなら?

日本各地で自然災害が発生しています。デジカメやハードディスクは水濡れに弱く、もしも自宅が水害や台風によって浸水すれば、大事な写真データも被害を受けます。地震や台風などのリスクを避ける事は根本的に出来ませんが、リスクマネジメントは十分可能です。例えば、外付けハードディスクやパソコンでの写真保存に加えて、クラウドストレージにバックアップ作成をしておけば、一安心です。自宅が万が一被災し、深刻な被害を受けてもクラウドストレージに預けた家族写真や恋人との写真は無事です。

フォトブックは写真プリントだけではなく、カバーも付いているので、オリジナル性が非常に高いものになっています。