Fall Style Advice Loading

温度を下げるなどメリットが多い!屋上緑化とは?

屋上緑化のメリットとは?

屋上緑化とは、建物の屋上部分に植物を植えることです。景観が良くなるだけでなく、防音性や断熱性の向上・大気汚染物質を吸収・省エネ効果などの目的があります。屋上緑化のメリットは、ヒートアイランド現象の対策ができることです。植物から蒸散される水分によって、気温を下げることができます。断熱性もあるので冷煖房などの使用率が下がり、省エネや節電になることもメリットです。夏場は温度上昇を軽減し、冬場は保温効果があります。景観向上や癒し効果があることもメリットでしょう。

屋上緑化には、どのような技術が必要?

屋上緑化は、「屋上緑化施工技術者」の資格を持った人に施工してもらいます。なるべく軽量化させるため、根の浅い芝などを植えるといいでしょう。花類やつる植物・苔なども屋上緑化には適しています。屋上緑化は建物の耐震度に影響を及ぼさないため、制限荷重を決めていることが特徴です。土壌は排水性や通気性・保水性が保持できるものを使用します。排水や通気がしやすい設計にしながらも、スプリンクラーなどの設置で保水しやすくするのも必要でしょう。屋上緑化を長持ちさせるためには、土壌のph値も関わってきます。

屋上緑化で使うものは、防水加工できる「アスファルト・ポリ塩化ビニルシート・金属」などが望ましいです。防水加工がされていないと、植物が腐りやすく、建物に影響が出ることもあります。手入れを簡便化させ、状態を長持ちさせることも大切です。剪定や水やりのしやすさは、一般的な庭園と同じもしくはそれ以上に設計します。

家の屋上に緑の植物を配置する屋上緑化は、都会に限らず田舎でも流行っています。自宅で手軽に森林浴ができて、精神が休まります。