Fall Style Advice Loading

メンテナンス次第で長持ちする!機械式時計の手入れ方法

ケースや風防を手入れするときにはセーム革を使用する

腕時計を使用しているときに汚れが目立ちやすいポイントがケースや風防です。ケースや風防には手垢も付着しやすいので、定期的な手入れが必要でしょう。腕時計の中には防水加工が施されているものもありますが、基本的には水洗いは避けた方が良いと言えます。水を使用した手入れは錆びつく可能性があります。セーム革で優しく拭き取ることで、汚れや手垢を落とすことができます。

アクリルを使用した風防とガラスを使用した風防では、手入れ方法が異なります。アクリルのものは細かい傷が目立ちやすいので、歯磨き粉で手入れを行うことが求められます。対してガラスで作られた風防は歯磨き粉を使用しません。歯磨き粉を使って磨いてしまうと、反射防止の効果を持つコーティングが?がれてしまう可能性があるからです。

金属製と皮製で異なる手入れ方法

金属製と皮製で手入れの方法が異なるのがベルトです。金属製のベルトはコマとコマの隙間に汚れが付着してしまうケースが考えられます。この隙間に付着した汚れを取るには中性洗剤で洗うのが効果的でしょう。このときのポイントはケースとベルトを分離させることです。ケースとベルトを一緒にしたままで洗ってしまうと、ケースにダメージを与えてしまうかもしれません。またケースとベルトが付いたままでは、コマとコマの隙間に付着した汚れを落としにくいという問題があります。このようなデメリットを避けるためにベルトだけを洗うようにしましょう。

皮製のベルトは洗剤を使用することはありません。それよりも表面の乾燥を回避することが重要です。クリームを塗って乾燥を防ぐことで、カビも生えにくくなります。

パテックフィリップは、スイスの高級腕時計メーカーで、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲとともに世界三大高級時計メーカーの一つとして並び称されています。非常に高価な腕時計として有名です。